考えるテーブル

お問い合わせ

せんだいメディアテーク
企画・活動支援室
980-0821
仙台市青葉区春日町2-1
tel:022-713-4483
fax:022-713-4482
office@smt.city.sendai.jp
←前のページへ

3.11キヲクのキロク

3.11 キヲクのキロク 公開サロン 第17回

■ 日時:2017年 3 月 11 日(土)12:30-14:30
■ 会場:せんだいメディアテーク 1f オープンスクエア
■ 参加無料、申込不要、直接会場へ
■ 主催:3.11オモイデアーカイブ(3.11定点撮影プロジェクト)
3がつ11にちをわすれないためにセンター(せんだいメディアテーク)
■ 問合せ:3.11オモイデアーカイブ
仙台市宮城野区榴岡3丁目11-5 A-610 tel 022-295-9568
HP:https://www.facebook.com/sendai3.11omoide/

 

 

3.11から6年を迎え、復興工事によりまちが大きく変貌を遂げるなか、生活の痕跡の消失が、2度目のふるさと喪失をもたらしているかもしれません。「震災の風化」が現実味を帯びるいま、震災直後から、まちはどのように形を変えながら復旧・復興の道を歩んできたのでしょうか。

震災の記録を定点観測写真として撮影してきた市民の方々をゲストに迎え、写真を紹介してもらいながら、震災の記録やその活動のありかたについて、来場者のみなさんと一緒に考えます。

 

≪3.11オモイデアーカイブとは≫
「3.11オモイデアーカイブ」は、3.11から現在までの復興の足跡だけではなく、3.11以前にも目を向け、震災アーカイブと地域アーカイブを結ぶ「3.11からはじまる、まちと人のオモイデをキロクするというアーカイブ」を活動のコンセプトとしており、「3.11定点撮影プロジェクト」などの活動に取り組んでいます。従来、わすれン!と共に開催してきた「3.11キヲクのキロク 公開サロン」などの企画も、「3.11オモイデアーカイブ」として継続しています。

 

≪「3.11オモイデアーカイブ」と「NPO法人20世紀アーカイブ仙台」について≫
これまで、NPO法人20世紀アーカイブ仙台として、東日本大震災の記録の収集・保存活動を展開すると共に、3がつ11にちをわすれないためにセンターと連携して「3.11キヲクのキロク 公開サロン」「ケータイで撮った3.11はありませんか」「3月12日はじまりのごはん」などを行ってきました。発災から5年の節目を経たのをきっかけに、2016年4月から震災アーカイブ活動部門を20世紀アーカイブ仙台から分離し、新組織「3.11オモイデアーカイブ」として活動を継承しました。

これまでの公開サロンについては、次のリンクからご覧下さい。
http://recorder311.smt.jp/series/teiten/

http://prj.smt.jp/~ttable/?p=4116
————————————————————
171120_salon

トピックス