考えるテーブル

お問い合わせ

せんだいメディアテーク
企画・活動支援室
980-0821
仙台市青葉区春日町2-1
tel:022-713-4483
fax:022-713-4482
office@smt.city.sendai.jp
←前のページへ

てつがくカフェ

てつがくカフェ第59回「〈記念〉について考える」

%e5%91%8a%e7%9f%a5%e7%94%a8

 

■ 日時:2017 年 3 月 11 日(土)15:00-17:30
■ 会場:せんだいメディアテーク 1f オープンスクエア
■ ファシリテーター:辻明典(てつがくカフェ@せんだい)
■ 参加無料、申込不要、直接会場へ

 

《今回の問いかけ》

〈記念〉とは。

 

それは例えば、出来事や思い出を形に残しておいて、自分や誰かが、あとで記憶をなぞれるようにしておくこと。

 

親しい人たちとともに撮った写真を眺めながら、思い出話に花が咲くこともあるかもしれません。「ああ、あの人は、元気に過ごしているのだろうか」。「ああ、この人は、こんな表情をしていたんだね」。そんなことを語り合いながら、思いを巡らせたり、記憶を辿ったり。
お祝いの席で贈られた品物。
それは「あのとき、あの人にいただいたんだね」と、その品にまつわる記憶を、思い出させてくれるもの。そして、「これは大事にしなければ」と思わせるようなもの。
道端で見つけた、過去の出来事が彫られている石碑。
かつてそこに生きていた人たちが、これだけは後世に伝えておかねばと、石に言葉を刻み込んだもの。わたしたちはそこから、過去の出来事や、かつてここにいた人たちの息づかいに、思いをはせることもできるでしょう。

 

また例えば、過去の出来事に対する、お祭りや催し。
東日本大震災とそれに伴う原発事故が起きてから、6度目の3月11日がやってこようとしています。各地では、この出来事を振り返るためのセレモニーがひらかれることでしょう。祈りを、捧げるために。花を、手向けるために。
一方で、何度も巡ってくるこの特別な日は、もうそろそろ震災という出来事に、〈区切り〉をつけてはどうか、〈折り合い〉をつけてはどうかと、わたしたちを静かに誘ってくる、そんな日でもあるのかもしれません。

 

さて、〈記念〉とは。

 

それは、わたしたちの暮らしと、分かち難くつながっていることのような気もします。少しだけ立ち止まって、わたしたちにとっての〈記念〉について、また、〈記念〉とともにあるわたしたちの生について、言葉を交わし合いながら考えていきたいと思います。是非ご参加ください。

 

辻明典(てつがくカフェ@せんだい)

 

◆ 問合せ:mmp0861@gmail.com(てつがくカフェ@せんだい 西村)
◆ 主催:てつがくカフェ@せんだい、せんだいメディアテーク
◆ 助成:一般財団法人 地域創造

 

《てつがくカフェとは》
てつがくカフェは、わたしたちが通常当たり前だと思っている事柄からいったん身を引き離し、そもそもそれって何なのかといった問いを投げかけ、ゆっくりお茶を飲みながら、「哲学的な対話」をとおして自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験していただこうとするものです。
てつがくカフェ@せんだい http://tetsugaku.masa-mune.jp

トピックス