考えるテーブル

お問い合わせ

せんだいメディアテーク
企画・活動支援室
980-0821
仙台市青葉区春日町2-1
tel:022-713-4483
fax:022-713-4482
office@smt.city.sendai.jp
←前のページへ

てつがくカフェ

てつがくカフェ第62回「放射能と暮らし」(要約筆記つき)

 

■ 日時:2017 年 8 月 6 日(日)15:00-17:30
■ 会場:せんだいメディアテーク 1f オープンスクエア
■ ファシリテーター:辻明典(てつがくカフェ@せんだい)
■ ファシリテーショングラフィック:三神真澄(てつがくカフェ@せんだい)
■ 参加無料、申込不要、直接会場へ

 

《今回の問いかけ》

 

私たちは、花の美しさと、セシウムが共存する世界で暮らしています。放射能はしばしば、線量計によって測定され、Sv(シーベルト)やbq(ベクレル)といった単位を用いて、数字によって表されます。また、被ばくの影響を、喫煙や交通事故のリスクと比べることで、放射能を理解しようとする試みもあります。

しかし、数値化やリスク比較だけでは捉えきれないことも、あるのではないでしょうか。
原発事故の影響を、色濃く受けた地域に住むある方は、自らが生けた花について、少しだけ語気を強めながら、こう語ってくれました。

 

—これはね、私が丹精を込めて生けた花なんですよ。でもね、あるとき、人にこんなことを言われたんです。
「この花には、セシウムは含まれているんですか?」
なんてこと言うの…そう思いました。悲しかった。あの人は、花ではなくて、セシウムを見ていたんですね。花は、心の叫びです。いや、叫びではないかもしれません。花は、私の心のささやきなのです。きっとあの人は、私のささやきなど聴こえなかったのでしょうね。
わたしたちの暮らしのなかに、放射能はとけ込んでいるのかもしれません。里山を歩けば、木洩れ陽が照らす緑道。流れる川面に新緑は映えて、水音が山中に響いている。薮のなかでは、雉が羽音をたてている。そんな里山の景色のなかに、放射能はとけ込んでいる。もしかしたら、あのあたりの放射線量は、少し高いのかもしれない…
暮らしのなかにひそんでいる放射能。震災前は、里山を歩いて山菜をとっていたのに…。春になれば、ふき、せり、たけのことかがとれて。とれたての山菜は、天ぷらにして。でも原発事故の後は、山菜採りには行っていない。あの山の放射線量は、ちょっと高いから。山菜にも、放射能が含まれているかもしれないから。山菜を口にすることを、ほんの少しだけかもしれませんが、躊躇する方々も、いるのかもしれません。—

 

暮らしのなかにある、数字や比較だけでは捉えきれないこと。私たちの暮らしに軸足を置きながら、借り物ではない私たち自身の言葉を丁寧に交わし、語られた言葉にじっくりと耳をすませながら、放射能と暮らしについて、改めて考えてみたいと思います。是非ご参加ください。

辻 明典(てつがくカフェ@せんだい)

 

◆ 問合せ:mmp0861@gmail.com(てつがくカフェ@せんだい 西村)
◆ 主催:てつがくカフェ@せんだい、せんだいメディアテーク
◆ 助成:一般財団法人 地域創造

 

《てつがくカフェとは》
てつがくカフェは、わたしたちが通常当たり前だと思っている事柄からいったん身を引き離し、そもそもそれって何なのかといった問いを投げかけ、ゆっくりお茶を飲みながら、「哲学的な対話」をとおして自分自身の考えを逞しくすることの難しさや楽しさを体験していただこうとするものです。
てつがくカフェ@せんだい http://tetsugaku.masa-mune.jp

トピックス